フレアイ

今日は、お散歩中、車椅子に乗ったおじさんに声を掛けられた。

エクスプローリーのデザインが北欧っぽくていいねえ、と褒めてもらった。

身だしなみをきちんと整えた、話し方も丁寧なおじさん。

エレベーターの譲り合いっこをした。

広場では、1人のおばあさんに声を掛けられた。

Lyricaと同じ年頃の、自分の孫の話を、楽しそうに話してくれた。

Lyricaに向けられる、様々な人の、屈託の無い笑顔。

さっきまで、仏頂面だった人が、途端に温和な顔になる。

道を譲ってくれたり、ドアを開けて待っててくれたり、

ごく自然に、親切にしてくれる人達。

Lyricaを産まなかったら、触れる事の無かったであろう人の優しさ。

人間の善さを引き出してくれる、”赤ちゃん”の存在って偉大だなあ・・

やっぱり、少子化反対!!

赤ちゃんが増えると、人の笑顔も優しさも、その何倍も増えるはず。

実家で、”踊るリリカ”
画像

画像

この記事へのコメント

あんつ
2007年08月01日 09:53
いい話だねぇ。
確かに電車とか公共の乗り物に乗ってる時、赤ちゃんがいると知らない人同士なのに赤ちゃんの存在を通して言葉や笑顔を交わしたりするよね~。
そういや映画でも(タイトル忘れた)子供が全く存在しなくなった国という設定のものがあったけど、やっぱりそのせいで争いが起きたり、人の心が荒んでて、子供の存在って大切だなぁと思ったよ。
中国大丈夫か?
tandemn
2007年08月01日 13:35
あんつのベビーは、プラス国際交流の架け橋の役割も担うかもね♪
中国では、一人っ子なら絶対男って事で、病院でも
チャイニーズカレンダー使って、産み分けしてるらしいよ。
脅威の的中率で、私も当たってたよ・・・↓
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8039/
あんつ
2007年08月02日 10:29
おぉっ。
先日、私の友達も出産したんだけど、「産み分けカレンダー」通りの結果やわ。
すごいなぁ。タマタマ?(笑)
tandemn
2007年08月02日 19:13
なんでも、中国人は99%、アジア人で95%の確立であたるらしいよ!
あんつの場合は、どうなるんだ・・・?(笑)
maki
2007年08月05日 21:26
もう親孝行してくれてるね。

この記事へのトラックバック